カメラ買取のポイント

カメラ買取の際には、カメラのメーカーや機種はもちろん、状態や付属品の有無が非常に重要です。買取業者によって査定の基準は異なりますが、重視されるポイントはほぼ同じです。カメラ買取査定時にどのような部分がチェックされるのか、ポイントをまとめてみました。

カメラの査定で重視されるのは、まずメーカーと機種です。主要なメーカーの中でも、特にキャノンとニコンの二大カメラメーカーは最も高値が付く傾向があります。キャノン、もしくはニコンのカメラで、発売後3年以内の機種であれば、高価買取が期待できるでしょう。

しかし、カメラ買取では、保存状態や付属品の有無も大切です。新しい機種でも、保存状態が悪かったり付属品に欠品があったりすれば、買取価格は大幅に下がりますし、場合によっては買取してもらえないこともあります。そのため、カメラの買取を考えている場合は、付属品を紛失しないことと、できるだけ新品に近い状態を保つことが大切です。

カメラの買取の際には、グリップの樹脂部分のべたつきや、ダイヤルがきちんと反応するか、ボディに傷がないかといった外見の確認を行います。さらに、動作に不具合がないか、写真はきちんとメディアに記録されるかなど、見た目だけではわからない細かい部分もしっかりチェックされます。そのため、デジタルカメラを査定に持っていくときは、充電した状態で持っていくといいでしょう。

付属品の有無の中でも特に大切なのが、カメラの電池です。カメラの電池が入っていなかったり、充電器が付いていないと、買取価格が数千円ほど下がったり、万が一互換性のある電池や充電器が手に入りにくい機種の場合は、カメラ自体買い取ってもらえないこともあります。